静的HTMLで作成したサイトをGoogle Search Consoleに登録する方法

SEO対策

WordPressなどのCMSを利用せずに自分でHTMLを編集してサイト運営をされている方もいらっしゃると思います。

WordPressで作成したサイトには自動でGoogleSearchConsoleに「sitemap.xml」を作成して通知するプラグインがありますが、静的HTMLで作ったサイトでは自分でやる必要があります。

その方法は少し手間ですが難しくないので必ず設定しておきましょう。

Google Search Consoleとは

まず、Google Search Consoleとはどんなツールなんでしょうか。

Google Search Consoleとは
Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

Google Search Consoleにサイトを登録すると、サイトの記事を追加更新などを行った際に再インデックスをうながしたり、サイトへの検索キーワードが調べられたり便利なことが多いので、必ず登録するようにしましょう。

Google Search Console登録に必要なもの

Google Search Consoleに登録するにはいくつかのものが必要なので準備します。

  1. 登録するサイト
  2. Googleアカウント
  3. サイトのsitemapファイル

登録するサイト

これは当たり前ですね。Google Search Consoleに登録するサイトが要ります。
これがないと登録できないですし、する意味はありません。
1ページでもいいので作成してから登録してください。

Googleアカウント

Google Search ConsoleはGoogleの無料サービスなので、利用するには「Googleアカウント」が必要です。

Googleアカウントは無料で登録できるので、まだお持ちでない方は下記のサイトから登録してください。

参考 Google アカウントの作成Google
注意
Googleアナリティクスへすでに登録されている方は同じGoogleアカウントを利用することをおすすめします。
管理がやりやすく、Google Search ConsoleとGoogleアナリティクスのデータ連携が簡単に行えます。

サイトのsitemapファイル

静的HTMLで作成したサイトの「sitemap」ファイルを作るのが一番面倒かもしれません。

WordPressなどのCMSを利用したサイトであればプラグインでサイトの「sitemap」ファイルを自動で作成、更新してGoogle Search Consoleへ変更を通知してくれる仕組みを簡単に構築できるのですが、静的なHTMLサイトでは通常はすべて手動でやらなくてはなりません。

でも、安心してください。
サイトの「sitemap」ファイルを簡単に無料で作成してくれるサイトがあるので、そこで作って利用します。

作成方法は簡単で以下のサイトにアクセスして、ご自分のサイトのURLを入力するだけです。

参考 自動生成ツール「sitemap.xml Editor」サイトマップを作成

作成されたら自分のPCにダウンロードして、今回Google Search Consoleに設定するサイトのトップディレクトリに転送しておきましょう。

Google Search Consoleへの静的HTMLサイトの登録

ここまでの準備ができたら早速Google Search Consoleの登録へと進みます。

登録は以下のサイトから行います。

参考 Google Search ConsoleGoogle Search Console

ログインユーザーは作成した「Googleアカウント」のメールアドレスを利用します。

プロパティーの追加

ログインすると以下のような画面になると思います。
GoogleSearchConsoleにURL登録する画面
ここに追加対象のURLを正しく入力し「プロパティ追加」ボタンを押します。

URLの形式が正しければ次の画面が表示されますので、「1.この HTML 確認ファイル」と書かれた部分をクリックしてファイルをダウンロードします。
GoogleSearchConsole確認ファイルダウンロード画面
ダウンロードしたらそのファイルを今回追加対象のサーバーのトップドメインフォルダーにアップロードします。

アップロードが完了したら「私はロボットではありません」にチェックマークをつけて「確認」ボタンを押します。

Googleにファイルが認識されると画面が遷移し「確認」が終了します。

サイトマップの追加

次はGoolge Seaarch Consoleにサイトマップファイルを設定します。

「ダッシュボード」画面がら「サイトマップ」をクリックすると

GoogleSearchConsoleサイトマップファイル追加画面

と表示されるので「サイトマップの追加/テスト」をクリックして、表示されたボックスに「sitemap.xml」と入力して「送信」ボタンを押します。

これで設定が正しければGoogle Search Consoleへのサイトマップファイルの登録は完了です。

数日から10日ほどでGoogleから「トラフィックの開始」というメールが届きますので、しばらく待ってみましょう。

メールが届かなければなんからのエラーの可能性があるので、Google Search Consoleへログインしてエラーが発生していないか確認しましょう。

まとめ

Google Search Consoleへの登録は一度設定するとずっと使えるので、面倒かもしれませんが必ずするようにしましょう。

注意
静的HTMLサイトの場合は記事を追加したり変更した際は「サイトマップファイル」を作成しなおして、サーバーにアップロードしてする必要があります。

Google Search Consoleは非常に有益なツールです。

きちんと使えるようになりましょう。