静的HTMLで作成したサイトをGoogleアナリティクスに登録する方法

SEO対策

WordPressなどのCMSを利用せずに自分でHTMLを編集してサイト運営をされている方もいらっしゃると思います。

WordPressで作成したサイトはプラグインの設定などにGoogleアナリティクスの解析タグを書けばアクセス数などの解析が行えますが、静的HTMLの場合は自分でHTMLに解析タグを書き込む必要があります。

その方法は少し手間ですが難しくないので必ず設定しておきましょう。

Googleアナリティクスとは

まず、Googleアナリティクスとはどんなツールなんでしょうか。

Googleアナリティクスとは
Googleアナリティクスでは訪問者のトラフィックを分析し、アトリビューション機能で広告効果を分析したり、訪問者やそのニーズを総合的に把握できます。参照元レポートなどのツールを使用すれば、訪問者がサイトにたどり着いたルートや、アクセスに使用しているデバイスを特定できます。ページ解析機能では、訪問者が探しているものや好きなものの特定も可能です。こうした情報からマーケティングやサイトのコンテンツをカスタマイズし、成果の向上につなげることができます。

Googleアナリティクス登録に必要なもの

Googleアナリティクスに登録するにはいくつかのものが必要なので準備します。

  1. 登録するサイト
  2. Googleアカウント

登録するサイト

これは当たり前ですね。Googleアナリティクスに登録するサイトが要ります。
これがないと登録できないですし、する意味はありません。
1ページでもいいので作成してから登録してください。

Googleアカウント

GoogleアナリティクスはGoogleの無料サービスなので、利用するには「Googleアカウント」が必要です。

Googleアカウントは無料で登録できるので、まだお持ちでない方は下記のサイトから登録してください。

参考 Google アカウントの作成Google
注意
Google Search Consoleへすでに登録されている方は同じGoogleアカウントを利用することをおすすめします。
管理がやりやすく、Google Search ConsoleとGoogleアナリティクスのデータ連携が簡単に行えます。

Googleアナリティクスへの静的HTMLサイトの登録

ここまでの準備ができたら早速Googleアナリティクスの登録へと進みます。

登録は以下のサイトから行います。

参考 GoogleアナリティクスGoogleアナリティクス

ログインユーザーは作成した「Googleアカウント」のメールアドレスを利用します。

プロパティーの追加

ログインすると以下のような画面になると思います。
Googleアナリティクス登録開始画面

次の画面に遷移すると以下のような画面が表示されます。
Googleアナリティクス情報設定画面
各項目を正しく入力し「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。

すると「トラッキングID」が表示された画面が出るので、そこにあるスクリプトをコピーします。

トラッキングIDの追加

あとは各ホームページの「head」タグ、もしくは「body」タグの最後にコピーしたスクリプトを貼り付けるだけです。

注意
すべてのページにこの「トラッキングID」が設定されている必要があります。

これで設定は完了なので、正しく設定されていれば、自分でサイトにアクセスすると「リアルタイム」の数字に「1」が出ているはずです。