メタディスクリプション(meta description) タグはクリック率向上に役立つ

SEO対策

メタディスクリプションは、ページの概要をユーザーや検索エンジンに伝えるタグです。
検索結果に表示され、メタディスクリプションを見てページを読むか決めるユーザーが多いため、全ての記事に必ず設定します。

メタディスクリプションの設定方法

メタディスクリプションは<head>タグに設定します。

コード

<head>
    <meta name="description" content="ここにメタディスクリプションを設定します。">
</head>

WordPressで作成しているサイトであれば、「All in One SEO Pack」というプラグインをインストールし設定したり、テーマによっては各ページにメタディスクリプションが設定できようになっているので簡単に実装することができます。

メタディスクリプションの設定結果

このサイトのとあるページを検索エンジンで検索すると

メタディスクリプションが表示されたサンプル画像

のように表示されます。

難しくはないので各ページに必ず設定しましょう。

目安の文字数はPCページで100文字前後、スマートーフォンページで50文字前後が最適と言われいます。

また、各ページのメタディスクリプションは必ずそのページの概要(説明)なるように設定し、すべてのページが同じメタディスクリプションにならないように注意してください。